収納を考えた家づくり

家と虫メガネ

必要な空間を確保しよう

西宮市では注文住宅が人気ですが、そこで便利に暮らしていくためには、必要な収納スペースを確保することが大切です。西宮市で注文住宅を建てる前に、どのくらいのスペースが必要になるのか検討し、設計に反映させましょう。特に子供のいる家庭、あるいはこれから持つ予定の家庭では、成長にともなって荷物もどんどん増えていきます。服、おもちゃ、学用品など想像以上にかさばるものです。こうしたことを考慮に入れたうえで、適切な収納スペースのタイプを選び、便利に使える配置を考えましょう。また、押し入れやクローゼットといった室内の収納スペースだけでなく、ガレージや屋外の物置きなどをうまく組み合わせます。釣り道具やスキー板などのレジャー用品、DIYで使う日曜大工道具など、スペースを多くとるものも、しっかり保管できます。

無駄と思われる空間を活用

このように西宮市において注文住宅を建築する際に、収納スペースを考えることは重要ですが、増やすと費用がかさむことも悩みの種です。ですが、アイデア次第で、注文住宅にかかる費用を抑えつつスペースを作ることができます。その一つが、デッドスペースを活用することです。デッドスペースは利用しにくい、無駄な空間を指しますが、これを工夫し有効活用していこうというものです。代表的なのが、階段の下にできるスペースです。一般的には使いにくい空間ですが、これを収納スペースに変身させます。高さや奥行きに制限がありますが、収納棚にしたり、クローゼットにしたりと、収納するものに応じていろいろ選べるのがメリットです。また、部屋の床下を利用することも考えられるでしょう。床下に自分で買ってきた収納ケースを大工さんに埋め込んでもらうなどすると、費用を節約することができます。収納スペースで間取りに工夫したい場合は、西宮市で地域密着の営業をしている工務店に依頼することがおすすめです。希望に応じ柔軟に間取りを変更、提案してくれます。

Copyright© 2017 注文住宅で安心出来る暮らし【ホッとホーム】 All Rights Reserved.